検査情報

病院検索TOP > 検査情報

文字サイズ変更 小 中 大

画像検査

画像検査とは、体の中の様子を様々な装置を使用して画像化して検査、診断するものです。
外科手術を行わなくても体の中を検査することができますので、検査を受ける方の身体的負担が軽いだけでなく病気の早期発見につながります。

主な画像診断

マンモグラフィ

マンモグラフィとは、乳がんの早期発見のために乳房をエックス線で撮影するための装置のことをいいます。乳房は脂肪など柔らかい組織で構成されているため通常のエックス線撮影装置では撮影が難しい部位です。そのためマンモグラフィでは乳房を上下側面から圧迫してはっきりとした画像が撮れるようにして撮影します。

CT

CTとは、Computed Tomographyの略称で、様々な角度から体にエックス線を照射し体を通り抜けたエックス線を測定することで体の中を画像化する装置のことをいいます。この装置で検査すると体の横断面を見ることができます。また体の中を立体的に見ることができるマルチスライスCTも普及してきています。

MRI

MRIとは、Magnetic Resonance Imagingの略称で、電磁波を体にあてることにより体内の水素原子が電磁波に共鳴して発生するエネルギーを測定し体の中を画像化する装置のことをいいます。体の断面の画像をたて・よこ・ななめと様々な角度から見ることができます。

PET

PETとは、Positron Emission Tomographyの略称で、微量の放射線を出す薬剤を体に注入して、その放射線を測定することにより細胞などの活動状態を画像化する装置のことをいいます。がん検査の場合はがん細胞に集まる薬剤を使用し、その位置を確認することでがんを確認することができます。

PET/CT

PET/CTとは、PETとCTの検査を同時に行うことができる装置のことをいいます。がんの有無の確認を得意とするPETと、位置の確認を得意とするCTを組み合わせて、より精度の高い診断ができるため、がんの早期発見や転移の発見につながっています。

SPECT

SPECTとは、Single Photon Emission CTの略称で、微量の放射線を出す薬剤を体に注入して、その放射線を測定することにより体の中を画像化する装置のことをいいます。その薬剤の分布状態などから、血液のながれがわかりますので脳梗塞、脳出血・痴呆などの診断に使用されます。

サイクロトロン

サイクロトロンとは、PET検査などで使用する放射線を出す薬剤を精製するための装置のことをいいます。PET検査などで使用する薬剤は体への影響を低くするため放射線を放出した後に壊れる不安定な原子を使用しています。この不安定な原子を精製するためにこの装置を使用しています。

DR

DRとは、Digital Radiographyの略称で、エックス線検査での画像をデジタル信号に変換しデジタル画像として見ることができる装置のことをいいます。デジタル画像にすることで画像の一部分を拡大したり強調したりと診断に適した画像にすることができます。

血管造影装置

血管造影装置とは、血管に細い管(カテーテル)を挿入し、このカテーテルから調べる臓器などの部位に造影剤をながし込み、見やすくなった血管などをエックス線で連続撮影する装置のことをいいます。臓器の血管などを確認できるようになるため出血部位の確認などができます。

検体検査

検体検査とは、血液や尿など体から採取されたもの(これを「検体」といいます)を測定する検査です。検体からの情報は、病気の有無や原因を調べるうえで大切な情報になります。

主な検体検査

血液生化学検査

血液生化学検査とは、血液から遠心分離機で無形成分である血清をとりだし、その血清中の物質を測定する検査のことをいいます。血液からは様々なことが測定できますので臓器ごとに検査項目は異なりますが、主に肝臓や腎臓など血液にかかわりのある臓器の診断ができます。

血液学的検査

血液学的検査とは、血液の中にある赤血球、白血球などの数や形を測定したり、血液のかたまり具合などを測定する検査のことをいいます。血液は体中に色々なものを運んでいますので、病気などの場合はその成分に変化が現れます。この変化を確認することにより病気の早期発見につながります。

一般検査(尿・糞便検査)

一般検査とは、尿や糞便など血液以外の体から採取されたものを測定する検査のことをいい尿検査、糞便検査、髄液検査などがあります。よく行われる尿検査では採取した尿から腎臓など様々な体の異常をみつけることができます。

免疫・血清学的検査

免疫・血清学的検査とは、血清中の抗体の有無や量を測定する検査のことをいいます。体の外部から細菌やウイルスが入ってくると、これに対抗しようと抗体が血清中に作られます。そしてこの抗体は同じ細菌やウイルスが体の中に入ってきたときに対抗する免疫となります。この検査で抗体を測定することにより、免疫の確認や感染症の診断などを行います。

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは、血液の中にながれ込むがん細胞だけが持つ物質の有無や種類を測定する検査のことをいいます。この検査はがんの有無の目安として使用される検査で、この検査の結果をもとにして次の検査を行うかどうかなどの判断を行います。

生体検査

生理機能検査とは、体や部位の機能を直接調べる検査です。体から発せられる電気や音などを測定することで病気の有無や原因を調べます。

主な生体検査

心電図検査

心電図検査とは、心臓が血液を体にながすため鼓動するときに発せられる弱い電流の変化を波形として記録する検査のことをいいます。この波形が乱れていると心臓に異常がある可能性があります。簡単に行える検査ですが、病気の早期発見につながっています。

ホルター心電図検査

ホルダー心電図検査とは、24時間連続して心電図の波形を記録する検査のことをいいます。通常の心電図検査では検査時間が短く、心臓の働きが正常なときと乱れるときがあるような病気の場合は、その乱れを見つけることができないときがあります。この検査では長時間連続で測定しますので不整脈などの病気の発見につながっています。

負荷心電図検査

負荷心電図検査とは、運動などで心臓に一定の負荷をかけた状態で測定する心電図検査のことをいいます。心臓の病気の中には運動などで心臓に負荷がかかった状態でのみ症状があらわれるものがあるため、通常の安静状態で行う心電図検査ではみつけることができないものがあります。狭心症などがこれにあたるためその診断によく使用されます。

心臓超音波検査

心臓超音波検査とは、心臓に超音波をあててはね返ってくるエコーの情報を画像化し、その画像で診断する検査のことをいいます。
この画像では心臓のかたちだけでなく、脈を打っている心臓の動きも確認できます。また心臓の血液のながれを確認できるものもありますので心臓の動きをそのまま確認して診断することができます。

脳波検査

脳波検査とは、脳が出す微弱な電流を頭部につけた電極で測定し波形として記録する検査のことをいいます。
この検査では脳の機能的な変化を確認することができるため、脳梗塞や脳出血など脳に影響をおよぼす病気の診断や脳死の判定などに使用されます。

肺機能検査

肺機能検査とは、空気を出し入れする肺の機能や肺の容積などを調べる検査のことをいいます。
呼吸の検査ですので肺だけでなく気管支など呼吸に関係のある器官の病気の有無やその程度についても診断することができます。よく行なわれるものには肺の換気機能などを測定するスパイロメトリー検査があります。

検査情報コンテンツにつきましては
ウェルネス医療情報センター」が制作を行っております。

PR