出産費用についてのお考えをお聞かせ下さい。

何かと費用のかかる出産ですが、その料金と、受けるサービスのバランスについてみなさんのお考えをお聞きしたところ、「料金が高くても良いサービスを受けたい」「少し料金をプラスして、その分のサービスを受けたい」という方を合わせると、半数以上の方が、「費用を抑えることより、良いサービスを受けたい」とお思いのようでした。

【意外にかかる!?出産費用】
出産費用というと、産科医でお産をするときにかかる費用のことだけを考えがちですが、出産にはそれ以外にも多くの費用がかかります。以下はその一例です。

・妊婦健診費用:妊娠期間中に妊婦さんが行う健康診断です。概ね10回前後が必要で、費用は一回あたり5000〜10000円ほど。自費診療*となりますので、総額10万円前後かかります。
*妊婦健診費用は、自治体から14回分の助成が受けられます。自治体によっては回数無制限のところもあります。助成額も自治体によって異なりますので、お住まいの地域の役所までお問合せください。
・出産費用:産院で出産をするときにかかる費用です。金額は病院や受けられるサービス、お住まいの地域や利用する施設などによりまちまちですが、50万円〜100万円ほどかかります。
・マタニティウェアやベビー用品など:妊娠してお腹が出てくると、マタニティ用の服や下着などが必要となります。また、出産後に赤ちゃんを迎えるためのベビー用品も出産前に用意しておく必要があります。費用は数万円〜十数万円と、購入するものによって変わります。

【出産時に利用できる公的な補助について】
出産時の負担を軽減するために、公的なものとしては主に以下のような補助制度が用意されています。
・出産育児一時金:社会保険、もしくは国民健康保険に入っている場合は、出産一時金として1児につき42万円(産科医療補償制度の保険金3万円含む:産科医療補償制度に加入していない産院で出産の場合は38万円)
・出産手当金:産前42日、産後56日の産休中の給与として、勤務先の健康保険から標準報酬日額の2/3が支給されます。被保険者のみが対象です。
・医療費控除:年間の医療費の支払いが10万円以上になった場合、確定申告で医療費控除が受けられます。※ただし、出産育児一時金を差し引いた額が対象となります。
出産には思わぬかたちでの費用が必要となりますが、それを補う制度も用意されています。こんなときはどうしたらいいんだろうと思ったら、かかりつけの産院まで相談してみてください。

出産をする際は、立ち会い出産を希望していますか?

立会い出産を希望する、という方は、全体のほぼ6割。希望しない、という方は、3割、まだどうするか決めかねているという方が1割という結果でした。
立ち会い出産とは、お産の現場に夫が立ち会うことで、お産の辛さを和らげ、またその感動を妻とともに分かち合うものとされていますが、単に夫が妻の出産に立ち会うだけの「見学気分」だと、逆に妊婦である妻の負担となることもありますし、妊婦さんによっては、立ち会い出産は絶対に嫌!という方もいらっしゃいます。しかし、出産の現場に、夫が当事者として立ち会うことは、生まれてくる命の重さを夫婦一緒に分かち合える大切な機会となります。たとえ分娩室にまで一緒に入らなくても、夫が妻に対してできることはたくさんありますから、事前に夫婦間で、どのような目的で出産に立ち会うのか、また産院の対応体制について、しっかり確認し、お互いに話し合うことが大切です。

産科を選ぶ際に好感が持てるポイントは? ※複数回答可

産科医院を選ぶ際に好感が持てるポイントをお聞きしたところ、「評判が良い」「近所にある」「先生の人柄が良い」が上位3つを占めました。やはり出産は人生の一大事ですから、信頼でき、かつ何かあったときでもすぐに通院できる病院が安心ということのようです。また、ここでも費用面での安さを重視する方は少数派。「お金よりも安心」というお考えの方が大勢を占めているようですね。

子宮がんなどの婦人科系の検診をした事がありますか?

近年、子宮がんや乳がん、卵巣がんなど、女性特有のがんにかかる人が増えています。また、患者さんは30代の若い人をはじめとして、その数も40代以降でさらに増えていく傾向があります。しかし、乳がんや子宮がんは、現在、早期発見であれば、ほぼ100%完治できる病気でもありますから、早めの検診が大切です。
そうした女性特有の病気を発見するための婦人科検診について、受診されたことのある方をお聞きしたところ、全体の8割以上の方が、定期的に検診を受けている、もしくは過去検診を受けたことがあるという結果となりました。
これから検診を受けてみたいという方も含めると、9割以上の方が、婦人科検診を受けたいとお考えのよう。検診など必要ないという方は、本当にごくわずかでした。

レディースドックに興味がありますか? 

レディースドックとは、通常の人間ドックに、子宮や乳房などの婦人科特有の検査項目を盛り込んだ、特別な「検診」のことです。これらの検診項目は、乳がんや子宮がんなど、特定の病気にターゲットを絞った検査項目を自分で選んで組み合わせることができるのが特徴となっています。
そうしたレディースドックに興味がありますか?という質問に対しては、興味があり受けてみたい、興味があるという回答を合わせると、全体の7割以上の方が受診を検討してみたいという結果でした。
20代や30代の女性では乳がんや子宮頸がん、卵巣がんが、40代以上の女性では胃がんや腸のがんが多くなる傾向があります**ので、ご自身の年齢や気になる症状に的を絞って検査してみてはいかがでしょうか。
**独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターの資料による

婦人科医に相談したい事はありますか? ※複数回答可

婦人科医に相談してみたい症状や、体調などについて気になることがありますか、という質問には、現時点で健康状態に問題はなく、特に相談事項はないという方を除くと、「更年期障害」「生理痛・生理不順」「子宮ガンなどの検診」が上位3つとなりました。

婦人科は、子宮や乳房、生理など、女性特有の病気を専門で診察してくれる医院です。一般の医院では相談しにくいことも、婦人科であれば安心してご相談いただけます。普段の体調や、生活について、気になることがあるけれど、普通の医院には相談しにくい、、、ということがあれば、一度婦人科の扉を叩いてみてはいかがでしょう。

「産科・婦人科の先生に聞いてみたいことはありますか?(その他フリーアンサー)

  • 帝王切開で立ち会いすることは可能なのでしょうか?
  • 妊活中なのですが、出産費用が気になっています…。
  • 40歳以上での高齢出産のリスクはどのくらいあるのでしょうか。
  • 生理が近づくと色々な不調が起こります。誰に相談したらいいのでしょうか…。
  • 乳がんや子宮がんの検診はどれくらいの頻度で受けたら良いのですか?
産科・婦人科の先生に対して聞いてみたいことは?という質問に対しては、出産費用がどれくらいかかるのか、何が必要なのわからない、女性特有の病気について心配があるが、どのような検診を、どれくらいの頻度で受けたら良いのかがわからない…という質問が多く寄せられました。
女性特有の病気について、婦人科での受診や相談することを「恥ずかしい」と感じていたり、産院も、妊娠してから受診すればいいとお考えの方も多いかもしれませんが、女性の体調は日々刻々変化するもの。産科や婦人科を「何かあったら訪れる場所」と考えず、ご自身の体調管理のために「気軽に相談できる場所」と捉えて、何もないときだからこそ、かかりつけ医を見つけておくことが大切ではないでしょうか。

次回のテーマは…歯のホワイトニングってどうしてる?

誰もが憧れる、白くて健康的な歯。次回は「歯のホワイトニング」について、みなさんが知りたいこと、気になることをお聞きします。

応募はこちら

今月のPresent  ウイルスブロッカープラス 3名様

今月のPresent  ウイルスブロッカープラス 3名様

ウイルスブロッカープラスは、二酸化塩素の力で、空気中のウイルスや花粉をしっかりブロック。人体に影響のないガスなので安心してお使いいただけます。二酸化塩素を特殊素材に含浸させて安全性を高め除菌消臭します。持ち運びに便利な携帯用で首からさげてお使いいただけます。持続性がありますので、1ヶ月間継続してお使いいただけます。

ナニワ商事株式会社 06-6787-0737
http://www.naniwa-shoji.co.jp/