歯のホワイトニングに興味がありますか?

歯のホワイトニングに興味がありますか?という質問に対しては、7割以上の方が「興味がある」と回答されました。
歯のホワイトニングとは、文字通り、「歯を白くする」ということですが、その方法には主に以下のようなものがあります。

【ホワイトニング剤を使う】
歯を白くする薬剤を使って、歯の白さを際立たせる方法です。
歯科医院で行うホワイトニングでは、ハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを当ててこのホワイトニング剤を活性化させ、歯の中にある色素を分解して白くしていきます。これは歯を溶かすのではなく、色だけに働きかけるので、歯そのものを痛めるということはありません。

【歯のマニキュアを使う】
歯の表面を、白色のコーティング剤で覆い、色を白く見せる方法です。歯科医院で行う場合は、歯の表面を薄いプラスチック剤でコーティングします。持続期間はひと月ほど。治療に保険は使えませんので、自費診療になります。市販のコーティング剤を使って自分で歯にマニキュアを施す方法もありますが、こちらは1日ほどしか効果が持続せず、また塗りムラが生じたりするとキレイに仕上がらないということもあります。

【人工の歯を被せる/入れ替える】
歯の表面を削って、人工的に作った白い歯を被せたり、歯そのものを抜いて、人工のものに入れ替える方法です。薬剤などを使った場合と異なり、色が元に戻ったりすることはありませんが、健康な歯を削ったり、抜いたりすることになるので、治療にあたっては歯科医とも相談の上、慎重に治療を進める必要があります。自費診療です

【歯磨き粉を使う】
これはホワイトニング剤を使った方法とは異なり、歯の表面に付いた汚れを磨いて落としていくことで、歯が本来持っている白さに戻す方法です。歯の表面に付いた色素汚れは「ステイン」と呼ばれ、最近ではそれを専用に落とす市販の歯磨き粉もあります。

これらの治療は、歯科医院での診察のもとに行うものと、市販の歯磨き粉などご自身で行えるものに分けられます。

歯のホワイトニングを受けたことはありますか?

ホワイトニングに興味がある、という方が7割を超えていた一方で、これまでに歯のホワイトニングを実際に受けたことが「ある」とお答えになった方は、わずか1割ほどしかいらっしゃいませんでした。興味の高さに対して、実際にホワイトニングを受けた方がここまで少ないということには、一体どんな理由があるのでしょうか。

歯のホワイトニングについて知りたい情報は?※複数回答可

歯のホワイトニングについて知りたい情報は?という問いに対して他の回答を大きく引き離していたのが、その「費用」について知りたい、ということでした。
Q2で、ホワイトニングへの興味の高さに対して、実際の治療(施術)を受けたという方が非常に少なかった理由の一端が、この結果から伺えます。

【ホワイトニングの治療費はどれくらい?】
歯のホワイトニングはすべて、治療ではなく審美目的とみなされるため、自由診療となり、保険はいっさい使うことができません。ホワイトニングの治療費が概ね高額となっているのは、保険が使えないということが主な理由です。ただし、ホワイトニングを受ける前に、虫歯治療や歯垢除去が必要な場合、その治療には保険が使えます。歯のクリーニングに歯垢除去が含まれる場合などには、一部分に保険が適用されるかたちにはなりますが、基本的に歯のホワイトニング=審美治療=保険が使えないと考えておいたほうが良いでしょう。
具体的な治療費は、受けようとする施術内容や、目的に必要な治療方法で大きく異なりますので、ホワイトニングの治療を行う際には、事前にかかりつけの歯科医まで、どのような目的のもとにホワイトニングを行いたいのか、しっかり相談し、かかる治療費やその期間などについても確認しておく必要があります。

ホワイトニングを受ける医院を選ぶときに重視する項目は? 
※複数回答可

ホワイトニングを受ける際に、歯科医を選ぶポイントは?という問いに対しては、1.通いやすさ、2.治療費の安さ、3.どのような治療を行うのか、その種類、そして4.治療する医師の経験と実績を重視する、という結果になりました。また、歯科医との事前の相談~どういう治療が望む結果を得られるのか、ホワイトニングを受けることによるリスクとメリット~についてしっかり話しあうことが必要ですから、みなさんが重視する「通いやすさ」というのも重要なポイントとなってきますね。

ホワイトニングの先生(歯科医)に聞いてみたいことはありますか?(その他フリーアンサー)

  • どれくらいもつのか。どれくらいの費用がかかるのか。保険は効くのか…。
  • ホワイトニング効果のある歯磨き粉って本当に効果あるの?
  • お茶とかコーヒーを良く飲んでいるので、歯を白く保つコツが知りたいです。
  • ホワイトニングを受けると虫歯や歯槽膿漏になりにくくなるって本当?
  • 歯を無理やり白くして、健康な歯を痛めることにならないんでしょうか。
ホワイトニングについて、歯科医の先生に聞いてみたいことは、という質問に対しては、費用がどれくらいか、保険が使えるのか、というご意見が非常に多く寄せられました。また、実際の効果がどれくらいの期間もつのか、歯の健康に対してホワイトニングがどのような効果を発揮するのか知りたいという方も多くいらっしゃいました。
歯のホワイトニングは、具体的な治療方法が多岐に渡るため、その費用についても千差万別。保険が使えないということもあって、治療費も高額になるため、歯科医との綿密な相談が大切です。また、歯の状態などによっては、ホワイトニング自体が行えないこともありますので、歯を白くしたいからホワイトニングをしようと考えても、普段の歯のケアがしっかりできていないと、望む結果が得られないということもありえますから注意が必要です。

次回のテーマは…コンタクト、レーシックってどうしてる?

眼鏡、コンタクト、レーシック…。視力矯正の方法はいくつかありますが、そのうちのどれが本当にいいの?自分に合っているのはどれ?目の健康管理はどうしたら?次回はそんな、視力に関するみなさんの声をお聞きします。

応募はこちら

今月のPresent  シャンラブR石けん 1名様

今月のPresent  シャンラブR石けん 1名様

保湿成分として「ニンニクB1エキス」と、エモリエント成分※「植物性スクワラン」を配合しました。キメ細かで濃密な泡が肌の汚れや余分な皮脂、古い角質を優しく洗い落とすとともに、保湿成分がうるおいを与え、乾燥が気になる肌をしっとり健やかに保ちます。

※エモリエント成分:皮膚からの水分蒸発を抑えることで、うるおいを保ち、肌を柔らかくする成分

タケダ通販ショップカスタマーセンター(9時~23時) 
0120-866333
http://shop.takeda.co.jp/p/i905010