虫歯になった経験はありますか?

虫歯になった経験はありますか?という質問に対して、8割近くの方は、過去虫歯になったことがあるが、現在は治療済みで虫歯はないという状態でした。

虫歯というのは、口腔内で繁殖した細菌が、食べものの中に含まれる糖分をもとに生成した「酸」が、歯の表面(エナメル質)を溶かすことで発生します。「甘いものを食べると虫歯になる」と言われるのはこのせいです。
「細菌(歯垢)」「食べもののカス(糖分)」「歯質(歯並びなど)」「時間」の条件が揃った時に虫歯になると言われており、口腔内に、食べもののカスを長時間放置するほどに虫歯になる可能性が高まります。

一度虫歯になってしまうと、自然に回復するということはありません。虫歯を予防するためにも、こまめな歯磨きと、歯科医による定期的な健診、そして正しい治療が必要です。

歯科医の定期健診を受けていますか?

虫歯の治療が完了したからといって、その後も虫歯にならないという訳ではありません。虫歯のない健康な歯を維持するためには、歯科医による定期的な検診と、正しい手入れ(歯磨き)が重要になってきます。
今回のアンケートでは、歯の定期健診を「受けている」という方、「受けていない」という方は、ほぼ半分ずつ、わずかに「受けていない」という方が上回るという回答結果でした。

定期健診をしていないと、虫歯で痛みが出てから受診することになりますから、歯を抜く、神経を取るなど治療も大掛かりになり大変です。定期健診を受けておけば、虫歯がひどくなるまえに治療が開始できますから、歯科医に通う回数も少なく、結果的に治療費を抑えることも多くなります。

定期健診の間隔については、一般的には半年~1年間隔で受けることが推奨されていますが、個人の歯の状態や必要な治療などによっても変わりますから、どれくらいの頻度で受ければ良いのかについては、かかりつけ医に相談してみましょう。

1日に何回歯磨きをしますか?

日に何回歯磨きをしますか?という質問で一番多かった回答は「2回」。次いで「3回」、「1回」と続きました。
一日に何度歯を磨くかということに、これが正解といった答えはありません。一般的には毎食後、朝昼晩3回磨くことが虫歯にならないためには効果的とされていますが、歯を磨く回数そのものには科学的な根拠はないと言われています。歯磨きは回数よりも、正しいブラッシングで口腔内の細菌と歯垢(プラーク)を落とすことが重要です。いくら歯を磨く回数が多くても、口の中に細菌が残っていては意味がありません。

[歯磨きのタイミングで効果的な虫歯予防を]
虫歯を防ぐのに有効なのは、夜寝る前の歯磨きだと言われています。寝ている間には細菌の活動を抑える役割のある唾液の分泌量が減るため、虫歯の原因となる細菌が繁殖してしまうからです。そこで、寝る前に歯を磨くことで、口腔内の細菌の数を減らし、寝ている間に虫歯になってしまうリスクを減らします。
そしてもうひとつのポイントは、「朝の歯磨き」。寝ている間に繁殖してしまった細菌の数を減らすことと、口臭を防止する効果が望めます。

どんな虫歯対策をしていますか?(複数可

虫歯にならないために行っていることは?という質問では、「こまめに丁寧に歯を磨く」「歯間ブラシやフロスを使う」「歯科医の定期検診を受ける」という対策方法が上位を占めました。みなさん虫歯にならないよう、さまざまな注意を払っているようです。

歯科医による定期検診の際には、虫歯だけでなく、歯石や歯垢が溜まっていないかチェックしたり、歯周病などが進行していないか、正しい歯磨きができているかどうかなどについても確認してもらえます。普段自分が行っている歯磨きなどの虫歯対策が有効に働いているかを、歯のプロフェッショナルである歯科医にチェックしてもらうという意味でも、定期健診はおすすめです。

「虫歯」について病院の先生に聞いてみたいことはありますか?

  • 虫歯って、放っておいたらどうなるの?
  • 虫歯になりにくい体質や遺伝ってあるのでしょうか。
  • 毎日歯磨きをしているのに虫歯になってしまうのはなぜ?
  • 歯をどの程度磨けばOKなのかがわかりません。
  • 子どもの場合、歯の定期健診は何歳くらいから受けたら良いですか?
寄せられた質問で多かったのは、虫歯になりにくい体質はあるのか、ということでした。歯磨きをきちんと行っているのに虫歯になってしまうという方は、元々の歯の質や歯並びなどで、細菌の影響を受けやすい、歯磨きが効果的に行えないなどが影響しているかもしれません。歯科医によるチェックを受けると、適切な対処法について教えてくれるはずです。
虫歯は、歯に目に見える変化や痛みがなくてもひそかに進行しています。かかりつけ医による定期的な歯科健診を受けることで、症状の悪化を抑え、本格的な治療を受ける前に完治させることが可能です。

次回のテーマは…インフルエンザってどうしてる?

今年もインフルエンザが流行する季節になってきました。特に高齢者や小さなお子さんの場合、重症化することもあるので注意が必要です。予防接種や手洗いなど、インフルエンザ予防のためにどんな対策をしていますか?みなさんのこえをお聞かせください。

応募はこちら

今月のPresent  太田胃散 王様のヨーグルト種菌 5名様

今月のPresent  太田胃散 王様のヨーグルト種菌 5名様

胃腸薬の専門メーカー太田胃散のご家庭でヨーグルトを簡単に手作りできるヨーグルト種菌。役割の違う3種の乳酸菌を一般の約80倍の菌数で腸に効率よく届けて、健康のお手伝いに。専用の道具等は必要なく、牛乳に混ぜるだけでカンタンに作れて、できあがったヨーグルトが種菌として繰り返し使えるから経済的!

株式会社太田胃散 0120-130-225
http://item.rakuten.co.jp/ohta13/c/0000000337/