あなたは便秘でお悩みですか?

以前便秘症状に悩まされていたという方も含めると、半数以上の方が便秘についての悩みをお持ちだという結果となりました。

[便秘が起こる原因は]
本来、便通は毎日あるのが正常ですが、これがなんらかの理由で滞ったり、あるいは排便は毎日あるけど、すっきりしない状態が続いたりすることが、総じて「便秘」と呼ばれます。
便の中の水分が少なくなる、あるいは腸が狭くなったりして、腸の中に便が長期間とどまったり、排便をしてもすっきりとした感じが得られず常に不快感がともなう症状を生じます。
便秘の原因はいくつかあります。

水分不足:水分摂取量が少なかったり多量の汗をかいたりすると腸内から水分が失われ排便が難しくなります。
ストレス:仕事や環境が変わることなどがストレスになり、自律神経のバランスが崩れることで腸の働きを悪くし便秘になることがあります。
運動不足:運動が不足すると、腹筋などが弱まり、また腸の働きも悪くなります。
食物繊維の不足:食物繊維が不足すると、便の通りが悪くなったり便の量が減って便秘になります。
こうしたことが原因となって、不快な便秘症状を引き起こします。

便秘で病院の診察を受けたことがありますか?

便秘の症状で、病院の診察を受けたことがありますか?という質問に対して、病院に行ったことが「ない」という方が、なんと8割以上という結果に。みなさん便秘で病院に行くということはあまりお考えにならないようです。

[こわい便秘症状]
便秘はさまざまな不快な症状を引き起こしますが、代表的な症状としては次のようなものがあります。

・食欲不振・吐き気・めまい・肩こり・腰痛・肌荒れ・吹き出物・くすみやシミ・オナラの頻発・ポッコリお腹・口臭 など

また、あまりに長い期間便秘が続いたり、これまであまり便秘をしたことがなかった人が急に便秘になった場合には、腸閉塞(ちょうへいそく)や腸捻転(ちょうねんてん)、大腸ガンなど、腸内にできた腫瘍が原因の便秘が疑われる場合もありますので、「たかが便秘」と考えずに、気になる症状があれば、早めにかかりつけ医まで相談するようにしてください。

お通じの回数はどれくらいですか?

便通は、通常毎日あるものですが、この間隔が数日間隔に伸びたり、中には1週間以上もお通じがないという方もいらっしゃるようです。

[女性に便秘が多い理由]
日本人女性は便秘がちと言われており、国民生活基礎調査によれば、なんと便秘症状を訴えている患者さんのうち、70%以上が女性なんだそうです。どうして女性に便秘が多いのでしょう。

ひとつの理由は「腹筋の弱さ」。腹筋が弱いと、おなかの中で腸が下がってきてしまい、そうなると腸が圧迫され、腸管が狭くなることで便秘になるといわれています。無理なダイエットも便秘の原因のひとつとされ、食べ物から摂取される水分や脂分などが極端に少なくなると、便が固くなり、排便がしづらくなるといわれています。また、女性はトイレを我慢しがちであることも、便秘の原因となってしまうようです。

いつ頃から便秘でお悩みになられましたか?

いつから便秘に悩まされるようになりましたか?という質問をしたところ、社会人になってから便秘がちになった、という方が圧倒的に多いという結果でした。便秘の原因のひとつに「ストレス」がありますが、社会人になって、環境が大きく変わったことをきっかけに、それまでなかった便秘症状を生じるようになった、ということが推察されます。

便秘には急性のタイプと慢性のタイプがあります。急性のものは、生活環境が変わったりしてかかったストレスが原因の場合が多く、一時的な症状としてあらわれますが、問題なのは原因がはっきりしないまま便秘が慢性化した場合です。食生活や生活習慣を見直しても改善の効果が見られないときには、別の病気が考えられる場合があるので早めの診察が必要です。

便秘の対策として取り入れているものは?

便秘の対策として行っていることをお聞きしたところ、「水分補給」を筆頭に、「食物繊維が多い食品の摂取」、「乳酸菌食品の摂取」が続きました。

[効果的な便秘解消法は?]
 アンケートにもありましたが、水分補給は便秘予防に効果的です。冷たい水は腸を刺激し、排便を促します。ヨーグルトなどの乳酸菌製品を摂取することも腸内環境を整えることに役立ちます。できるだけトイレを我慢せず、定期的に排便するよう習慣づけることや、適度な運動をしてストレス発散に努めることも大切です。また、毎日規則正しく朝食を摂ると、それが腸を刺激して気持ちの良い排便習慣につなげることができます。

「便秘」について病院の先生に聞いてみたいことはありますか?

  • ストレスと便秘の関係はどれくらいありますか?
  • どれくらい便秘が続いたら病院に行くべきですか。
  • 便秘に効く食べものが知りたい。
  • 便秘で病気になりますか?
  • 子どもが便秘で困っています。対策は?
お寄せいただいた質問を見ますと、便秘の原因とその対処法について知りたいという方が多くいらっしゃいました。みなさん便秘で極端に深刻な症状になったということがほとんどないことから、気にはしつつもなんとなく我慢してしまうようです。
あまりにも便秘が長く続いたり、腹痛や発熱がある、便の様子がいつもと違うなど「なにかおかしいな」と思ったら、便秘だからと軽く考えずに、かかりつけ医まで相談するようにしてください。もしかしたら思いもかけない病気が隠れているかもしれません。